人気ブログランキング |

湘南遺産 生往寺

2018.6.24(日)、藤沢商工会館ミナパーク6階多目的ホール3で開催された「第3回湘南遺産選定発表会」で 生往寺 湘南遺産 に選定されました。
d0240916_15453787.jpg
(同時に「西寒川支線 廃線跡」も選定されました)

生往寺を湘南遺産へエントリーした理由は下記の通りです。

生往寺は、寒川町田端(茅ヶ崎市との境界)にある浄土宗のお寺です。
開創は菊地泰次、開山は文賀、本寺は芝の増上寺です。

湘南遺産へエントリーした理由は、生往寺は、湘南(相模国)の戦国時代の始まりと終わり(小田原城を巡る争い)に所縁の人々が眠る寺だからです。

応永23年(1416)の上杉禅秀の乱が戦国時代の始まりと言われています。この時、土肥・土屋の跡を賜ったのが大森氏で、領地となった小田原に、応永24年(1417)頃、大森頼春が城を築いたのが小田原城の始まりと考えられています。そこから80年以上、大森氏が城主でした。
しかし、文亀元年(1501)頃、伊勢宗瑞(俗称 北条早雲)が大森氏から城を奪いました。以降約90年間、後北条氏が小田原城主となり、湘南はもとより関東一円の領主になりました。
そして、天正18年(1590)、秀吉の小田原征伐により、後北条氏が滅び、家康が関東へ入ってきました。ここで、湘南の領主が総入れ替えになると共に、戦国時代に終わりを告げました。
生往寺は、初代小田原城主大森氏の末裔、菊地泰次(父親 大森泰頼)が創建し、葬地となったお寺です。
また、後北条氏が滅び、家康と共に関東へ入国した萩園の領主、遠山氏の葬地でもあります。
家康の関東入国以降の人々の墓石碑は寒川町倉見(高木清方)、茅ヶ崎市堤 浄見寺(大岡忠政)にもありますが、戦国時代の始まりと終わり、両方に所縁の人々の墓石碑があるのは生往寺だけと思われます。

後北条氏が滅び、家康と共に関東へ来て、湘南に知行地(領地)を持ち、陣屋を構え、葬地も湘南、という旗本は、遠山氏以外にもいます。
旗本氏名知行地陣屋葬地
遠山安吉茅ヶ崎市 萩園萩園 満福寺の西側。「トノヤシキ」の地名が残る。田端 生往寺(浄土宗)
高木清方(倉見 行安寺開基)(兄清秀は徳川十六神将の一人)寒川町 倉見倉見村の北にあり、東西42間、南北24間、今陸田となれり(新編相模国風土記稿)寒川町 倉見(陣屋の跡か?{行安寺(浄土宗)の北東}
大岡忠政(大岡越前守忠相(*)の祖先)茅ヶ崎市 堤 高田 寒川町 下大曲堤 浄見寺の東南茅ヶ崎市 浄見寺(浄土宗)

*: 南町奉行。大岡越前守忠相の知行地は寒川町 下大曲。
広報ふじさわ2013年7月10日号
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kouhou/sumafo/khf-s130710/sisei23_s.html
廃藩置県 下大曲村は西大平県 大岡越前守忠相
https://samkajyoho.exblog.jp/26894579/
登録 2018.6.27
























































































































































































































































































































































































# by jyohokiti | 2018-06-27 15:50 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る