人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

倉見 行安寺 開山 開基

倉見 行安寺は「開山 成阿、開基 高木清方」と伝わっています。(寒川町史 10 別編 寺院 H9.11.1 p157)
しかし、各史料の年代と由緒が正しいとしたら「開山 成阿、開基 高木清方」は再考が必要な気がします。[行安寺の由緒書{元禄9年(1696)}、新編相模国風土記稿{天保12年(1841)成立}どちらも後世に書かれたもので、信憑性に問題があるのはやむ負えない。]
倉見 行安寺 開山 開基_d0240916_12150767.jpg
[史料]
天正7年(1579)9月13日 成阿卒(新編相模国風土記稿)
天正9年(1581) 成阿 行安寺起立(浄土宗寺院由緒書)(卒後起立?卒年が誤り?)
天正10年(1582)木造阿弥陀三尊像(寒川町指定重要文化財) 造立
天正11年(1583)12月13日 山中三河守子形部輔卒 戒名号行安院殿宗誉浄定大禅門(浄土宗寺院由緒書)
天正19年(1591) 高木甚太郎清方、高座郡の内(倉見)にて680石余の采地を賜ふ(新編相模国風土記稿)
慶長4年(1599)12月14日 高木清方卒(新編相模国風土記稿)
倉見 行安寺 開山 開基_d0240916_12160692.png
倉見 行安寺 開山 開基_d0240916_12164025.jpg
[史料からわかること]
・成阿が天正7年に卒していたら、天正18年に関東に入国した高木清方と会えなかった。
・成阿が開山だとしたら、天正7年以前。
・「行安」の名が、山中三河守の子供の法名に由来しているとしたら、創建は天正11年以降。
・高木清方が開基なら天正19年以降(高木清方が天正19年以降に創建したとしても、山中氏の法名を使うとは考え難い)。

以上のことから、行安寺の創建は次のように考えられないでしょうか。

・天正7年以前に成阿が「弥陀堂」を開山。
・天正11年から19年の間に「山中氏」が行安寺を創建。

更新:2018.12.30





by jyohokiti | 2020-03-24 15:27 | 寒川町の歴史

根岸弁財天由来 寒川町 宮山緑地

寒川町 宮山緑地に弁財天が祭られています。
根岸弁財天由来 寒川町 宮山緑地_d0240916_13374786.jpg

この弁財天の由来は次の通りです。
根岸弁財天由来 寒川町 宮山緑地_d0240916_1339527.jpg

根岸弁天池は、寒川町のほぼ中央にあって、その発祥の年代は定かではないが、土地の古老より伝え聞くところによれば、天正年間というから、今から約500年前と推察される。
当時の湧き水の豊富なこの池は、これより下流新橋地区(現在の役場庁舎付近)までの水田の用水として永年利用されていた。
徳川の代に入り、元和6年(1616)より、このあたり宮山村1,177石を知行していた旗本杉浦正次氏により、池の整備と弁財天を造ったのが始まりと云うことで、以来、明治年代杉浦大八郎氏まで杉浦氏の下に在った。明治22年に石造りの社が建立された。昭和60年に寒川町より公園緑地として整備される機会に、有志合寄り、根岸町内住民を中心に昭和61年3月弁財天石像を建立して古き良き時代を忍びつつ、地域住民の連帯と協調の輪を広げるべく、ここに由来を記すものである。

昭和62年6月吉日
根岸弁財天保存会
祭神 弁財天
例祭日 4月初巳日

功徳

商売繁盛、学問・技芸・音楽の発達。又、女人には愛嬌を授け美人となり、良縁を得、子宝を授かる



[関連サイト]
宮山緑地弁財天
http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/soshiki/kankyokeizai/sangyoshinko/kanko/info/kankouspot/1392272610672.html

根岸弁財天(神奈川県寒川町宮山)
http://zinzyasanpai.web.fc2.com/14/samukawa/385.htm


by jyohokiti | 2020-03-15 16:35 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る