人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

梶原景時と寒川町一之宮

寒川町一之宮には梶原景時ゆかりの史跡が残っています。


梶原景時(?~1200年)
治承4年(1180):石橋山の合戦で源頼朝を救った。
治承5年(1181):頼朝に家臣として認知された。この時、寒川・一之宮の地を領した。
梶原景時と寒川町一之宮_d0240916_18202533.jpg[←写真]梶原景時館跡
(現在、寒川町一之宮に梶原景時館跡と称される遺跡が残っています)

正治元年(1199):結城朝光(ゆうきともみつ)謀反の疑いを将軍頼家に讒言(ざんげん)したとの理由で弾劾され、一之宮に下向。
正治2年(1200):武田有義(ありよし)を将軍に擁立し、再起を図ろうと京都に向け出立。その途中、駿河国狐ヶ崎(清水市)で討たれ梶原山で最期を遂げた。
景時、辞世の句
「もののふの 覚悟もかかる 時にこそ 心の知らぬ 名のみをしけれ」

静岡県静岡市清水区高橋2丁目7番4号の寺院「高源寺」境内には年を経た石碑{(静岡市指定文化財)「不尽乾坤燈外燈龍没」と記されている。}があり、梶原一族の供養碑と伝えられます。
「不尽乾坤燈外燈龍没」という詩句は唐の杜牧の作で次の七言絶句からとったものです。
無辺風月眼中眼。不尽乾坤燈外燈。柳暗花明十萬戸。敲門処々人膺有。

梶原景時と寒川町一之宮_d0240916_18304674.jpg[←写真]伝梶原七士の墓
(一之宮の留守居役であった家族、家臣らがその者達を弔ったという説や、景時父子が討死してから、しばらく景時の奥方を守って信州に隠れていた家臣七人が、世情が変わったのを見て鎌倉に梶原氏の復権、所領安堵を願い出たが許されず、七士はその場で自害し、それを祭ったものとも言われています)



文政4年(1821)頃、この辺りにあった城山地蔵堂(じょうやまじぞうどう)に相模国準四国八十八ヶ所第83番札所が置かれました。城山とは梶原景時の館があった所といわれています。
明治の神仏分離令により、弘法大師石像は南泉寺へ移されました。


梶原景時と寒川町一之宮_d0240916_18445369.jpg梶原景時館跡と伝梶原七士の墓の間に「梶原景時と一宮館跡」を説明する看板が立っています。


梶原景時と寒川町一之宮_d0240916_1972685.jpg看板の一部(一宮館址案内図)を拡大。
梶原景時ゆかりの史跡の位置が掴めます。各史跡を訪れる前にご覧ください。(画像をクリックすると拡大します)}


[参考資料]
鎌倉幕府の重臣、梶原景時の最期の地
http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/shakai/shizuoka_bunkazai/tyubu_kajiwarayama.html

梶原一族について / 臨済宗 高源寺 静岡県静岡市清水区


by jyohokiti | 2020-02-28 16:11 | 観光案内

廃藩置県 下大曲村は西大平県 大岡越前守忠相

最終更新日:2020.2.27
現在の「神奈川県高座郡寒川町大曲2丁目辺り(小出川と県道45号の間)」を昔は「下大曲村」と言いました。
廃藩置県 下大曲村は西大平県  大岡越前守忠相_d0240916_18415003.png
(注)2020.2.27現在「Fuji supermarket」は「トライアルクイック寒川店」に変わりました。

江戸時代初期から代々大岡氏が知行地としており、寛延2年(1749)に大岡忠相(ただすけ)が1万石に加増され、三河国西大平(愛知県岡崎市)藩主となった時も、徳川家康より得た譜代の領地として下大曲の領主権を手放さなかったといいます(*1)。
そのため、明治4年(1871)7月の廃藩置県の際、下大曲村は西大平県の飛び地になりました。
上大曲村始め周りの多くの村は幕府の直轄領だったため、神奈川県になりました。
明治4年(1871)11月の統廃合で下大曲村も神奈川県に編入されました。

堤村(茅ヶ崎市)も廃藩置県で西大平県に属しましたが、堤村が西大平藩に属したのは明治元年で、期間は約3年でした。
明治元年10月15日、沼津藩が上総国菊間に転封させられたため、西大平藩の上総国市原郡の3ケ村(*2)が上知となり、相模国2ケ村(堤村、香川村)に付替えされ西大平藩になりました。(*3)



[出典]
*1:下大曲(しもおおまがり)
寒川町の大字。大曲村(上大曲)とともに「大曲」と称されることが多い。現在の大曲2丁目にあたり、小出川が村の東境を流れる。村高は『元禄郷帳』『天保郷帳』を通して220石。江戸時代初期から代々大岡氏が知行地としており、寛延2年(1749)年に大岡忠相(ただすけ)が1万石に加増され、三河国西大平(愛知県岡崎市)藩主となった時も、徳川家康より得た譜代の領地として下大曲の領主権を手放さなかったという。『新編相模国風土記稿』には本間氏知行とあるが、これは誤りである。明治4年(1871)7月の廃藩置県で西大平県、同年11月には神奈川県第25区に編成されるが、同6年の改正法で大曲村とともに第18大区8小区に区分され、明治22年に寒川村の大字となった。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)

*2:宮原村(現市原市高滝)、不入斗村、島野村か?
[出典]ウィキペディア 市原郡
https://ja.wikipedia.org/wiki/市原郡

*3:「岡崎市史 近世 3」H4.7.1 p1484

[参考]
寒川文書館 第16回企画展示 近世寒川の領主群像―うちの殿様はどんな人?―
https://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/opac/bunsyo/contents/gallery/tenji16/index.html

広報ふじさわ2013年7月10日号 大岡忠相と下大曲村
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kouhou/sumafo/khf-s130710/sisei23_s.html

愛知県岡崎市と茅ヶ崎市の提携経緯
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/profile/yukarinomachi/1007357.html


神奈川県旧高座郡7市1町の変遷
http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/huken/koza.htm



by jyohokiti | 2020-02-27 16:41 | 寒川町の歴史

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る