人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒川町 庚申塔 一覧

寒川町には庚申塔が38基あります。
文字(16基)、三猿{7基(内訳:三面各1猿2基,一面三猿5基)}、青面金剛(14基、内ショケラ持ち3基)、地蔵型(1基)の4種類あります。
d0240916_14010889.jpg←菅谷神社 文字庚申塔
d0240916_14071866.jpg
←医王院 三面各一猿庚申塔
d0240916_14035177.jpg
←一之宮宿町 横一列三猿庚申塔
d0240916_14063876.jpg
←南泉寺 ショケラ持ち青面金剛庚申塔
d0240916_14380927.jpg
←大蔵共同墓地 町内唯一の地蔵型庚申塔


場所文字三猿青面金剛地蔵建立年備考
3面各1猿1面3猿ショケラ無ショケラ有
田端東町不明
医王院元禄3年1690
一之宮宿町寛文4年1664
南泉寺安政4年1857
中瀬神明社文化12年1815
十二神社天保14年1843現大曲神社
鈴木家内寛文3年1663
下大曲神社承応2年1653現在は方徳資料館で展示
天保14年1843
安楽寺享保17年1732
大塚児童遊園地東側嘉永4年1851
菅谷神社享保11年1726
天明8年1788
文化11年1814
文化13年1816
文化13年1816
嘉永2年1849
大蔵共同墓地享保4年1719
小谷東町元文5年1740
小動神社文化12年1815
天保10年1839
文久2年1862
不明残欠
宮山根岸下享保3年1718
福岡家内享保2年1717
旭保育園北側享保2年1717
寒川橋東側享和3年1803
旭橋脇享保□年1716-1736
中州稲荷社天保7年1836
宮山橋脇嘉永1年1843
端午橋東側享保7年1722宮山、西善院近く
十二天神社享保12年1727倉見
天保13年1842
倉見中倉見不明
倉見才戸下文久1年1861
倉見地蔵堂天保2年1831
不明
不明

出典:寒川町史11別編 美術工芸 H4.11.1


by jyohokiti | 2018-05-29 14:48 | 観光案内

河童徳利(かっぱどっくり)

大曲を発祥の地とする物語に河童徳利があります。
この物語にはいくつかの説があります。

フジパン 河童徳利
http://minwa.fujipan.co.jp/area/kanagawa_006/

絵本 かっぱどっくり
http://www.sasakick77.com/hp-kappa-d/kapa-dokuri.htm

『間門川(まかどがわ)の河童伝説《茅ケ崎市西久保》』
http://48863135.at.webry.info/201112/article_32.html

民話『河童徳利』の主人公 五郎兵衛さん
http://chigasaki-city.com/culture.php?ID=978

下記は江戸時代に書かれた宝暦現来集(ほうりゃくげんらいしゅう)第3集巻21の内容です。
d0240916_12074791.jpg
d0240916_12081894.jpg

天保2卯年(1831)四月、本所に住す彫物師猪之助と申男、大山に参詣之砌、同所間角村百姓三輪堀五郎左衛門方へ立寄、左之陶の譯聞候由寫来る、此譯聞しに、相州大山道西久保と申所小き川有、其川にて河童馬を引込所を、大勢にて此河童を打殺さんとせしを、同所間角村百姓三輪堀五郎左衛門と申男、河童を貰い助ける、其夜河童禮に来る、右の陶へ酒を入、鱸(すずき)二本添て来る、鎌倉時代の此なりと、凡六百年を過し事也、此河童雌雄にて、一疋は鎌倉に住す、一疋は間角川に住して、折々文通をせしとの事、彼河童の云く、此陶の酒呑たる時、少し宛残し置けば、萬年も絶ゆる事なしと云へり、或時其意を知らざる者、残らず酒を明し、夫より一滴も出ず、おしき事也、今に五郎左衛門方の什器とせり、参て尋れば見せける、かの彫物師猪之助、銀座御役所秋田氏にて出合し時、予は右實を好を聞、見たる儘聞たる儘を語り聞せる故、直ぐさま寫置く也、

物語発祥の地には看板が立っています。
d0240916_12115989.jpg

この辺りを公園にする計画があります。
茅ヶ崎市・寒川町広域連携施策 推進計画書 平成28年度事業報告書(PDF↓)
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/009/791/h28houkoku.pdf

主人公の初代三堀五郎兵衛は円蔵・輪光寺
d0240916_12122658.jpg

の檀家でした。そのため、河童の像
d0240916_12125769.jpg

と碑が輪光寺にあります。

三堀五郎兵衛の墓は静岡県榛原郡川根本町上長尾332の智満寺にあるそうです。没年:文政七年(1824年)。
http://www.chigasaki-shoren.com/kappaHP/kappa05.htm
河童徳利は三堀家の子孫三堀ウタさんの娘の(山田)玉枝さんが保管しているそうです。

[地図]



by jyohokiti | 2018-05-20 15:38 | 観光案内

一之宮 入沢家 弁財天堂 日野屋

入沢家弁財天堂
d0240916_17481881.jpg
d0240916_17483946.jpg
入沢家が最も繁栄していた明和・安永年間(1764~1781)に建立されたと思われます。

一之宮・入沢家の屋敷地内の池の中島にあり、弁天堂として定石どおりの配置である。総欅(けやき)造りで、随所に丹念な彫刻を施し、表面には木目を活かして透明な漆を塗るなど、近世風の華麗な装飾を施して、時代性をよく示した建築である。18世紀半ばごろの建立かと思われる。町指定重要文化財。(『町史11』p563、『町史15』p181)(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)


入沢家・日野屋

享保16年(1731)から文久元年(1861)5月まで約130年間、入沢家は江戸本町四丁目(現在の日本橋)に店舗(日野屋)を構えていました。
文政7年(1824)から天保11年(1840)の間、入沢家が日野屋を手放したことがあります。文政7年(1824)3月発行の 「江戸買物独案内」では日野屋は喜兵衛の名前になっています。
d0240916_17513280.jpg
また、文久元年(1861)、入沢家が江戸から手を引いた後、引き継いだ日野屋惣助の引札(宣伝用のチラシ)が残っています。朝日オリコミ四国のHP
(http://www.asahi-os.com/first/study/history.html)
によると、『「日野屋」は、薬種取扱い商店で「人参大乗円」「金応丹」という商品の看板が見え、タイトルには「江戸出店の図」と書かれていますから、新規出店の挨拶と告知の広告と思われます。』とのこと。
また、内藤記念くすり博物館
(http://www.eisai.co.jp/museum/curator/advertisement/see02.html)
にチラシの詳しい説明が掲載されています。
d0240916_18050528.jpg

日野屋 江戸へも進出していた一之宮村の豪農の屋号。入沢伊右衛門と新太郎を世襲名として持つ。同家は、寛文年間(1661~1673)に近江(おうみ)国日野(滋賀県日野町)の商人が一之宮村に定住したものといわれる。江戸に拠点を構え、一之宮村内でも本宅で農業経営や米穀商売などを行うかたわら、向店(むかいだな)を開いて商売を行っていた。
このうち江戸店の開店は、享保16年(1731)で、江戸の中でも一等地である本町四丁目に店を構え、薬種・荒物のほか繰綿・木綿・ろうそく・金物などを取り扱っていた。元文2年(1737)には一之宮で向店を開店し、江戸店から仕入れた薬種や砂糖などの荒物を商うようになる。宝暦5年(1755)に江戸の十組問屋(とくみどんや)のひとつ大伝馬町組薬種問屋仲間に加入し、以後は薬種・荒物を主に取り扱うようになる。また、江戸においては町屋敷経営を行い、18世紀前半には一等地の日本橋町人地を中心に、20か所以上の町屋敷を所有し、家賃収入を得ていた。18世紀末年ごろに、同家の支配役であった喜兵衛に江戸店を譲渡してからは、度重なる火災や物価高騰などから経営不振に陥った。天保11年(1840)には再び入沢家が江戸店の経営にあたるが、業績は回復せず、文久元年(1861)には江戸から撤退し、本宅と向店の経営に専念することとなった。天保2年(1831)に渡辺崋山が著した「游相日記(ゆうそうにっき)」には、厚木周辺の豪農として日野屋新太郎の名が記されている。(『町史6』p556)(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)


年表

1661~1673寛文年間近江(おうみ)国日野(滋賀県日野町)の商人が一之宮村に定住
1731享保16年江戸店開店
1737元文2年一之宮で向店を開店
1755宝暦5年5月、十組問屋仲間の一員となり、薬種を主要取扱品目とした(*1)。
1764~1781明和・安永年間日野屋江戸店の繁栄が続いた(*1)。
1782天明2年これより前、一之宮弁財天堂建立。
1824文政7年3月発行、「江戸買物独案内」本町四丁目(現・日本橋)に日野屋喜兵衛の名あり。
1832天保3年町屋敷も喜兵衛(入沢家の支配役)他へ譲渡(*1)。{店舗は 文政7年(1824)より前に喜兵衛へ譲渡している。}
1840天保11年再び入沢家が日野屋江戸店の経営にあたる(*1)。
1861文久元年●5月、日野屋惣助に店等を売却して江戸店での商売に終止符を打った(*1)。
●この頃(*1)入沢家から日野屋を引き継いだ日野屋惣助が引札発行。

出典

*1:「寒川町史6 通史編 原始・古代・中世・近世」平成10.11.1





by jyohokiti | 2018-05-17 16:34 | 観光案内

田端山 医王院

田端山医王院は、田端にある高野山真言宗、もと古義真言宗の寺院。山号を田端山といい、岡田の安楽寺末。本尊は薬師如来。「医王院縁起」によれば、承和元年(834)、摂津(せっつ)の僧龍海による開山とするが、『新編相模国風土記稿』は、永禄3年(1560)に再興した伝誉を中興とする。江戸時代は鎮守貴船大神と稲荷社を支配したが、神仏分離にともない医王院は寺院として存続し、貴船大神は斎藤龍太夫に管理させる旨の願書が明治2年(1869)に作成されている。(『町史10』p95)(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)


d0240916_16570204.jpg

沿革

[説-1]

・承和元年(834)(田端地区に?)龍海僧正が開山。
・約700年間無住。
・永禄3年(1560)伝誉が寒川神社供僧の1つとして復興。(寒川神社供僧、他の2つは神照寺と西善院。)

[説-2]

慶長期(1596~1615)、広田修理が開基。開山は伝誉。
承和元年(834)頃は、田端に集落の形成がないので、寺院を建てるとは考え難い。田端に寺を作る程の集落ができたのは(大森)菊地泰次が生往寺を建てた頃(1590年前後)から。

年表

1560永禄3年伝誉-1が寒川神社供僧の1つとして(田端山?)医王院復興(*1)。
1558~1570永禄中伝誉-1卒す(*4)。
1596~1615慶長期広田修理が医王院開基(*3)。
1614慶長19年広田修理没。田端山医王院に葬る。法名 実厳院心光宗月居士。(田端山医王院本堂東側墓碑。田端山医王院境内最古の墓石と思われる。)
d0240916_17094636.jpg
1633寛永10年「関東真言宗古義本末寺帳」に岡田安楽寺の末寺として田端山医王院あり(*2)。
1656明暦2年伝誉-2没。田端山医王院に葬る。(田端山医王院本堂南側墓碑)
d0240916_17164355.jpg
1659万治2年貴船社の棟札に別当・医王院の記載あり(*5)。

確認事項

・広田修理が慶長期(1596~)に田端山医王院を開創したのであれば、伝誉-1はすでに亡くなっているので、(中興)開山は伝誉-2である。

不明点

(1)伝誉は2人いたか?
伝誉-1の存在を裏付ける資料は確認できない。
伝誉-2は墓碑と安楽寺所蔵文書で存在を確認できる。
(2)再興した年「永禄3年(1560)」の根拠が不明。新編相模国風土記稿にその記載はない(但し「中興僧伝誉永禄中卒す」の記載はあり)。
(3)寒川神社の三供僧は、神照寺、西善院、三大坊と言われている(*4)。 田端山医王院が神照寺、西善院と共に三供僧の一つなら、いつ、なぜ、三大坊と入れ替わったのか?

境内の文化財

三猿庚申塔 元禄3年(1690) 正面と左右に各一匹の三猿を彫る。
d0240916_17174667.jpg
出典

*1:田端山医王院寺伝 昭和25年(1950)作
*2:寒川町史 10 別編 寺院 平成9.11.1
*3:医王院開山之一考察 池田銟七 平成12
https://sites.google.com/site/samukawabookindex/ioinkaizan
*4:新編相模国風土記稿 巻之六十二 村里部 高座郡巻之四
*5:寒川町史11 別編 美術・工芸 平成4.11.1



by jyohokiti | 2018-05-14 11:30 | 観光案内

寒川町の青面金剛庚申塔巡り

寒川町には青面金剛庚申塔が14基あります。
その中に、日本最古と目される青面金剛庚申塔があります。
また、14基の青面金剛庚申塔の内、ショケラ持ちの青面金剛庚申塔が3基あります。
そこで、これらの青面金剛庚申塔を巡ってみました。
このコースは約10kmです。
歩いても良いですし、寒川町観光協会で自転車を借りて、自転車で巡ることもできます。
[コースの地図]↓
寒川町観光協会から出発です。
信号を渡り、
d0240916_10495962.jpg
「巴屋(そば)」寒川駅前店の前を通り、「グリーンハウス(不動産)」の角を右に曲がります。
d0240916_10503876.jpg
「ウスイ植物園(花)」 の前を通り抜け「湘南信用金庫」の裏を左折すると踏切へ出ます。踏切を渡ったら、直ぐ左へ曲がります。(踏切を渡ると直ぐ右手に「さがみや菓舗(和菓子)」があります)。線路に沿って進み、
d0240916_10512498.jpg
寒川駅手前を右折します。県道47号線を渡ります。「ファミリーマート(コンビニ)」の横を直進する
d0240916_10520350.jpg
と南泉寺です。
d0240916_10521925.jpg
本堂に向かって左手に「相模国準四国八十八カ所弘法大師座像」と並んで「ショケラ持ち青面金剛庚申塔」があります。
d0240916_10525310.jpg
南泉寺、ショケラ持ち六臂青面金剛立像庚申塔、板状駒型、安政4年(1857)(*)↓
d0240916_10531801.jpg
南泉寺山門を出て、住宅街を少し進んで左折して、右折して「中瀬」交差点を渡って、直ぐ右折します。「マックスバリュ・エクスプレス寒川中瀬店(コンビニ)」を左手に見て進みます。「景観寺」の手前を左折して、しばらく住宅街の中を進みます。
寒川湘南保育園の裏を通り大曲神社へ出ます。
d0240916_10564046.jpg
県道45号線(大山街道)へ出ると目の前に「バーミヤン寒川大曲店(中華レストラン)」があります。茅ヶ崎方向へ少し進み
d0240916_10571348.jpg
「FUJIスーパー大曲店」前で左折して、少し進むと「大曲地域集会所」があります。
d0240916_10573994.jpg
ここが「下大曲神社」跡で、
d0240916_10592485.jpg
国内最古と目される青面金剛庚申塔がありました。
現在、青面金剛庚申塔は、ここでは無く、寒川神社方徳資料館で保管・展示されています。道を進むと小出川へ出ます。橋の手前を左折します。東福寺址
d0240916_11000389.jpg
を通り過ぎて少し進むと、テニスコートの先に鷹匠橋があります。
d0240916_11002935.jpg
鷹匠橋を渡って進むと相模線の踏切があります。
d0240916_11005866.jpg
踏切の先は神奈川県立茅ヶ崎北陵高校です。崖の手前を茅ヶ崎北陵高校に沿って左折して進むと国指定史跡「下寺尾廃寺(七堂伽藍跡)」です。
d0240916_11015480.jpg
寺尾橋を渡り
d0240916_11034900.jpg
小出川の土手を少し進んで左折して農道を進みます。この辺りが11月に開催される「みんなの花火」の会場です。「明洞(韓国料理店)」の歩道で県道47号線を渡ります。東守神社(とうずじんじゃ)の脇の緩やかな坂を登ります。寒川さくら幼稚園の先が菅谷神社(すがやじんじゃ)です。
d0240916_11042063.jpg
鳥居をくぐり進むと、 本殿の右側、神輿殿と古いお札納め処の間にショケラ持ち青面金剛庚申塔があります。
d0240916_11092551.jpg
菅谷神社、ショケラ持ち六臂青面金剛立像庚申塔、角柱平頭型、文化13年(1816)(*)↓
d0240916_11095600.jpg
菅谷神社を出たらすぐ右へ曲がり越公園の前で左折します。この辺りが「岡田遺跡」です。
d0240916_11114701.jpg
岡田遺跡: 約4,000~5,000年前(縄文時代)の巨大集落。釣手土器始め出土品は寒川町文化財学習センターで見ることができます。
段丘に沿った道(縄文の道)を北へ進むと湘風園養護老人ホーム「大蔵東原遺跡」があります。
d0240916_11130445.jpg
県道45号線へ出ます。「ワイショップ寒川シャイン」の側の大蔵信号を渡ります。最初の三叉路に庚申塔があります。
小谷(こやと)東町(小谷1495-1)、六臂青面金剛立像庚申塔、板状櫛型、三猿付、元文5年(1740)(*)↓
d0240916_11141164.jpg
ここを右折すると小谷(こやと)小学校へ出ます。その先の車の通りが多い道を進むと小動(こゆるぎ)神社です。
d0240916_11205544.jpg
本殿右に庚申塔があります。
小動神社、ショケラ持ち二臂青面金剛立像庚申塔、板状駒型、三猿付、天保10年(1839)(*)↓左端
d0240916_11215583.jpg
目久尻川方向へ進み、左折します。ここから根岸交差点を目指します。奈良・平安時代の古東海道がこの辺りを通っていた可能性があります。
寒川総合体育館の横の道を「さむかわ保育園」方向へ緩やかな坂を登ります。曲がり角に庚申塔があります。
宮山根岸下(宮山1331)、四臂青面金剛立像庚申塔、唐破風付笠塔婆型、享保3年(1718)(*)↓
d0240916_11233029.jpg
緩やかな坂を登りきったら直進します。中原街道を横切り、
d0240916_11241088.jpg
大塚古墳公園
d0240916_11244053.jpg
の前を通って寒川町観光協会へ到着です。

[出典]
*:寒川町史 11 別編 美術工芸 平成4.11.1 寒川町編集



庚申塔

庚申信仰に基づいて造られた石塔。60日に一度の庚申(かのえさる)の日に眠ると寿命が縮まるため夜明かしするという風習は平安時代に日本にもたらされたが、近世にはこれが庶民に浸透し、庚申塔がさかんに造立された。寒川町内には下大曲神社の承応2年(1653)塔を最古として、38基が存在する。下大曲のものは四臂(よんぴ)(手が4本)の青面金剛(しょうめんこんごう)を浮き彫りにするもので、県指定重要文化財。17・18世紀には六臂(ろっぴ)の青面金剛像が多く、19世紀には「庚申塔」と刻んだ文字塔が増加する傾向が見られる。(『町史11』p293、『町史15』p179)(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)

下大曲神社

下大曲にあった神社。江戸時代は八幡社と称した。明治期に村内の神社を合祀(ごうし)して下大曲神社となる。明治45年(1912)、田端の貴船大神へ一時合祀されるが、大正14年(1925)に独立し再興した。承応2年(1653)の庚申塔(こうしんとう)は県指定重要文化財。ほかに、同年銘の八幡と書かれた石の祠(ほこら)、文政13年(1830)に西大平藩主大岡忠愛(ただよし)が奉納した木製扁額(へんがく)などが残されている。(『町史9』p151・184)(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)


by jyohokiti | 2018-05-10 18:02 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る