人気ブログランキング |

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新四国八十八ケ所禁止の通達(御触書)

d0240916_18491972.png湘南地域(鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、寒川)では鵠沼村の浅場太郎右衛門親子によって文政3年(1820)~文政4年(1821)、相模国準四国八十八ケ所が開かれています。一方、流行の度が過ぎて弘化3年(1847)には、新規に小堂を作って新四国八十八ケ所の霊場を作ったり巡礼をしたりすることが禁止されています。巡礼の目的が修行から行楽に変わり、仕事(農業)を疎かにしてまで出かける者たちが出てきたようです。相模国準四国八十八ケ所巡礼も、修行というより農閑期の骨休めの色彩の方が強かったようです。
一方、現在も修行の意味で続く小豆島八十八ヶ所霊場や東葛印旛大師などの準(准、新)四国八十八ケ所もあります。

弘化3年(1847) 御触書
関東にて新四国八十八箇所を唱え新規の小堂に巡拝することを禁止する関東取締出役の廻状
近来関東筋村々におゐて新四国八十八ヶ所と相唱銘々組合相立寺院又鎮守社地等ニ新規ニ小堂を補理、弘法大師之像を安置いたし候義追々相増、村方之者共申合巡拝と唱ひ組組々多人数ニ而村々横行いたし相互ニ摂待杯申出シ酒喰等をもいたし候由、農業を怠り候而巳ならす自然不取締之義も有之哉ニ相聞如何之次第ニ候、尤右体我儘ニ小堂補理候新規之義執行いたす段心得違之筋ニ付、取払方之義寺院之分ハ寺社従
御奉行所御沙汰有之候条、其余村之場処百姓共補理候小堂者村役人立会速ニ取払ひ、向後仏事参詣等ニ事寄セ無謂遊興ケ間敷多人数申合巡拝等を企いさゝかニ而も農行妨候筋ニ渉候義不相成段、今般従 御奉行所被 仰渡候条得其意、組合村々へ洩落なく申達シ厳重ニ取払ひ候様可被致候、以上

新四国八十八箇所の新興に付き本寺より末寺への達
近来関東在々之寺院共阿波・讃岐・伊予・土佐四ケ国ニ安置有之弘法大師之像を模シ八十八ケ所と唱、其筋々へも不申立参詣人可招ため新規ニ小堂を補理、或者門前本堂杯へ石碑傍示杭等相立、年々春夏之間最寄村々之もの共多人数打連追々横行ニ巡拝いたし歩行、往来筋所々ニ而講中等之内摂待と唱食物等振舞候のも有之哉ニ相聞、右者新規之仏事ニ紛敷、殊ニ自儘ニ小堂石碑等造立いたし候段心得違之筋ニ付早々取払、自今以後僧侶共者身之帰依ニ寄右四ケ国ニ安置有之候宗祖之像を模し在来本堂等へ差置候迄之義者格別、参詣人を可相招ため猥りニ石碑等相建候義者決而いたす間敷、向後右体新規之義執行もの於有之者急度可及沙汰有条、其旨相心得早々関東在々未支配下共へ不洩様可申達候
右者従 寺社御奉行所御触達候間各々可被得其意候、以上

(「年中公触録」藤間柳庵 茅ヶ崎市史料集 第2集 H11.3.31 茅ヶ崎市発行、より)

[関連サイト]
准四国八十八ヶ所東葛印旛大師巡拝(送り大師)

「新四国相馬霊場」の調査始まる

小豆島八十八ヶ所霊場

茅ヶ崎市>文化・歴史>指定文化財一覧>藤間家(近世商家)屋敷跡

登録 2018.1.2


by jyohokiti | 2018-01-30 18:52 | 観光案内

平安時代、鮎河(相模川)、平塚・寒川間に浮橋があったかもしれません

承和2年(835)、鮎河(現相模川)に浮橋が架けられました(*1)。
鮎河(現相模川)のどこに浮橋が架けられたのか、その場所は特定されていません。
承和2年(835)は東海道が平塚・四之宮(国府)→寒川→浜田駅(海老名)と通っていた可能性が高く(*2)、現在の田端の辺りに浮橋が掛かっていたと思われます(*3)。
(下記地図は、「蝦蟇山舎だより」[→http://gamayama.news.coocan.jp/index.html]へ加筆させていただきました。)
d0240916_18334676.jpg
↑平安時代の寒川郷、鮎河(相模川)、浮橋の位置
d0240916_17204389.jpg
↑平塚・四之宮・前鳥神社--この辺りに大住国府があったと思われます。
d0240916_1723089.jpg
↑湘南銀河大橋
d0240916_1724898.jpg
↑相模川・前鳥神社・富士山:この辺りに浮橋があったと思われます。

救急院について

承和11年(844)、愛甲郡と高座郡に、福祉施設(救急院=布施屋)ができました(*4)。
布施屋の設置目的は、調・庸(税金)の運搬が困難な公民を助けるためでした。
そのため浮橋の近く、即ち寒川に救急院が設置されたのではないか、という説があります(*5)。
しかし、中山毎吉(つねきち)氏は救急院は外記河原(海老名)に設けられた、という説を取っています(*6)。
これに関連して、海老名市では、郷土かるた「そ」が作られ(*7)、観光ガイドが開催されています(*8)。
浮橋の近くに救急院を設けたのであれば、対岸は平塚なので大住郡になります。
しかし、救急院は愛甲郡内に設けられました(*4)。
従って、浮橋と救急院は別の場所に作られたと考えられます。

[出典]

*1:類聚三代格(平安中期成立)巻16 太政官符 承和2年(835)6月29日「応造浮橋布施屋并置渡船事」
一浮橋二処
駿河国富士河 相模国鮎河
右二河流水甚速、渡船多艱、往還人馬損没不少、仍造件橋、
(略)
一布施屋二処
右造立美濃尾張両国堺墨俣河左右辺

*2:神奈川の古代道 藤沢市教育委員会 博物館建設準備担当 1997

*3:寒川町史 6 通史編 原始・古代・中世・近世 平成10.11.1 p216
「田村辺りに浮橋を架けたのではないか」という説もあります。
・神奈川の東海道 上〔第2版〕: 時空(とき)を超えた道への旅, 第1巻
神奈川東海道ルネッサンス推進協議会 編集 p78
・海老名市史 6 通史編 原始・古代・中世 平成15.3.26 p342
いずれにせよ、平塚-寒川間で、湘南銀河大橋-神川橋間のどこかに浮橋があったものと思われます。

*4:類聚三代格(平安中期成立)巻12 正倉官舎事 官符 承和15年(848)3月21日
応附官舎帳救急院一区事 地三段 屋三宇 三間板葺屋一宇 草葺屋一宇 五間布施屋一宇 四面築垣 開田五十町〈見開廿町 未開卅町〉 已上愛甲高座二郡
右得前相模介従五位下橘朝臣永範解偁、去承和十一年以俸料稲一万束造立件院、開発空閑地納其地子稲班給運進調庸百姓之尤窮并貧不能自存者、自承和十一年至十四年総一千一百五十八人、因茲八箇郡司百姓等録民悦状毎年申官、非唯済公事、兼復救民急、脱不附官帳徒被棄置、望請、永載公帳以伝後代、但有破損之日割留地子之内以充修理料、謹請官裁者、右大臣宣、奉勅、依請、

*5:寒川町史 6 通史編 原始・古代・中世・近世 平成10.11.1 p217

*6:相模国分寺志 中山毎吉他 大正13 p215

*7:海老名市ホーム>管理用サブコンテンツ>海老名郷土かるた「そ」
http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1154333831764/index.html

*8:えびな史跡ガイド 会報 第18号 2016年1月1日発行 p4
救急院跡と相模国分寺跡を訪ねて
https://ebinaguide.sakura.ne.jp/kaihou.html
d0240916_17165534.jpg

[参考資料]
日本古代史 史料テキストデータ>法制史料テキスト
http://kodaishi-text-by-takuro.jimdo.com/%E6%B3%95%E5%88%B6%E5%8F%B2%E6%96%99/

[初投稿] 2016.12.2


by jyohokiti | 2018-01-30 18:43 | 観光案内

寒川町に (縄文時代などの) 遺跡があった

これまで"SAMUKAWA-Machi Guide"のブログで次のような寒川町内の遺跡をご紹介してきました。
☆旧石器時代~古墳時代の寒川町
☆縄文時代の寒川 岡田遺跡
これらを初め、寒川町には複数の遺跡があります。

電子データは
寒川町ホーム> 組織から探す> 教育委員会> 教育総務課> 社会教育担当> 担当情報> 電子資料館
で全貌をご覧頂けます。
また、発掘された実物は
寒川町ホーム> 町政> 文化財> 文化財学習センター
でご覧いただけます。

[文化財学習センター外観と入口]
d0240916_17211947.jpgd0240916_17213611.jpg

文化財学習センターを紹介していただいているサイトをご紹介します。

・[かなっぺ湘南版]「寒川神社」だけじゃない!?「寒川町文化財学習センター」で縄文時代を学ぼう!!2017.12.06(水)↓


by jyohokiti | 2018-01-23 18:10 | 観光案内

寒川神社の帰り道

寒川神社の最寄りの駅は、JR東日本 相模線 宮山駅です。
歩いて5分程度で寒川神社へ到着します。
帰り道は、宮山駅へ戻る道と、寒川駅へ向かう道があります。
寒川駅への道は、20分~30分かかりますが、途中に、野菜や花の直売所が点在し、四季折々の野菜や花を見たり買ったりできます。
体調・陽気・天候が良く、時間に余裕がありましたら、歩いてみてはいかがでしょうか。
レストラン、ケーキ屋さん、手作り・できたてパン屋さんなどもありますので、昼食や休憩に立ち寄ってみてください。
一休みなら、中央公園や水道記念館前の水の広場・日本庭園がお勧めです。
特に春、桜の季節は、休憩に最適です。
コースの説明は↓

d0240916_16050517.png




by jyohokiti | 2018-01-23 16:09 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る