人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

駅からハイキング 寒川町 2016.4.9-6.30

JR東日本 駅からハイキング コースNo.0216001
相模線 茅ヶ崎~寒川間開業95周年記念!相模線・寒川町の歴史巡り

[歩いた方のビデオ]
JR東日本「駅からハイキング」 寒川駅(1/2) 2016/05/08
https://youtu.be/JVB8NfW0q6Q

JR東日本「駅からハイキング」 寒川駅(2/2) 2016/05/08
https://youtu.be/xzQEUVMt8mU


[歩いた方々の声]
[実況:駅ハイ]6月最後の駅ハイは、相模国一之宮を擁する寒川町!! 2016-6-25(土)
http://nobuirn68.txt-nifty.com/0010/2016/06/6-bcdc.html

駅からハイキング「相模線・寒川町の歴史巡り」参加 2016-6-10(金)
http://n-otsuki.sakura.ne.jp/hike/1606samukawa/1606samukawa.htm

駅からハイキング「相模線・寒川町の歴史巡り」2016-6-10(金)
http://serori-3.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-8c89.html

「JRウォーク」で寒川町の歴史巡り 2016-6-3
http://uboatdata.sakura.ne.jp/hatochan/2016/06/post-1086.html

寒川散策 駅からハイキング「相模線・寒川町の歴史巡り」 2016-6-2
http://open.mixi.jp/user/17361636/diary/1953136053

相模線・寒川町の歴史巡り (前半)2016-6-2(?)
{(後半)あります}
http://ameblo.jp/ufo1212/entry-12166702048.html

寒川町へ駅ハイ 2016-6-1
http://ameblo.jp/gg-rider/entry-12166401425.html

寒川町の歴史巡り1(寒川駅~寒川総合図書館・文書館)2016-5-31(火)(?)
{「寒川町の歴史巡り5(旧目久尻川ふるさと緑道~倉見駅)」まであります}
http://bata-walk.hatenablog.jp/entry/2016/05/31/201311

寒川から倉見へ「ぶらり」 2016-5-8(日)
{続き(^^)あります}
http://blogs.yahoo.co.jp/sanpo_ojisan/41508247.html

相模線・寒川町の歴史巡り 2016-5-5(木)
http://yaplog.jp/saltycat/archive/1535

駅からハイキング 神奈川県・寒川駅発 2016-5-5(木)
http://hiyorimi1994.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-14df.html

駅からハイキング(寒川町) 2016-5-3(火)
http://open.mixi.jp/user/15020516/diary/1952409290

寒川で駅からハイキング回想録その1 2016.4.23(土)

相模線・寒川町の歴史巡り(1)2016-04-23(土)
{(2)あります}
http://ameblo.jp/sanuki-udon-a/entry-12153252474.html


[開催期間]
2016年4月9日(土)~6月30日(木)
毎週水曜日を除く

[スタート駅]
神奈川県相模線寒川駅

[ゴール駅]
神奈川県相模線倉見駅

[所要時間]
約4時間(施設での見学時間含む)

[歩行距離]
約10.0km

[受付時間]
9:30~11:30

[ゴール時間]
安全にご参加いただくため16:00までにゴールしてください。

[受付場所]
寒川町観光協会

[参加予約について]
このコースは参加予約が不要です。

[コース]
地図

寒川駅
大正10年(1921)相模鉄道の駅として開業した。茅ヶ崎駅からは5.5kmの位置にある。開業当初、旅客駅であると同時に、相模川の砂利輸送の拠点として機能しており、川寒川・四之宮両貨物支線がここから分岐した。現在の橋上駅舎が使われるようになったのは昭和60年(1985)9月のことである。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)

寒川町観光協会(スタート)

安楽寺
岡田にある高野山真言宗、もと古義真言宗の寺院。山号は大塚山、院号は成就院という。寺院西側には隣接して大(応)神塚(おおじんづか)古墳が、また南北朝時代の文和、康暦期の板碑(いたび)が残るなど、5世紀来この地が宗教的に重要な場であったことが知られる。江戸期は高野山高室院(たかむろいん)末で一之宮門中(大塚門中)18か寺を率いる中本寺。また、寒川神社の別当薬王寺をはじめとする供僧(ぐそう)すべてを安楽寺末とするなど、寒川町域における古義真言宗寺院の中核的な存在であった。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16512264.jpg

大神塚古墳
大(応)神塚古墳は、全長約51mを測る前方後円墳であり、後円部の墳頂下部1.8mくらいの位置から、仿製鏡(ぼうせいきょう)と直刀および鉄製品が出土した。埋葬施設は木棺直葬ないしは簡略な粘土槨(ねんどかく)であったと推定され、5世紀前半のものと考えられる。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16534948.jpg

寒川総合図書館・寒川文書館
d0240916_1557317.jpg

梶原景時館址
相模川に面した沖積地と微高地に立地している中世の館跡。遺跡の所在する一之宮には梶原景時の城があったと『吾妻鏡』や『新編相模国風土記稿』に記載され、現在も城ノ下(じょうのした)、馬場など城郭関連の地名が伝えられている。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16544395.jpg

(文化財学習センター)
(一之宮小学校の余裕教室を利用した生涯学習施設。平成8年(1996)11月にオープンした。1階は埋蔵文化財展示コーナー、岡田遺跡の縄文時代の住居址を型どったレプリカ展示室、事務室兼整理室、資料室がある。2階は、農具や生活用具を展示する民俗文化展示室、講座・講演などを行う学習室、歴史展示室がある。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用))
d0240916_16551757.jpg

八角広場(西寒川駅跡)
一之宮3丁目にある公園。平成元年(1989)3月、相模線西寒川駅跡地を整備して開園したもので、西寒川支線の線路跡を利用した一之宮緑道の終点にあたる。八角形の噴水があることからこの名がついた。敷地内には相模海軍工廠および西寒川駅の記念碑が建つ。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16555580.jpg

一之宮緑道(寒川支線跡)(・一之宮公園)
昭和59年(1984)3月に廃止になった相模線西寒川支線の線路跡に設置された緑道公園。同62年に完成した。一之宮3丁目・大門踏切付近を起点に、一之宮6丁目・八角広場まで、延長は約900m。幅員は6~7mである。途中、約200mにわたって西寒川支線のレールが保存されている。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16563237.jpg

水道記念館
神奈川県企業庁が、県営水道の創設50周年を記念して計画した「いこいの広場」の一角に、昭和59年(1984)3月に建設された記念館。県営水道の歴史や現況についてわかりやすく展示されている。県営水道発祥の記念施設でもある寒川浄水場の旧ポンプ所の建物を使用しており、近代水道百選に選ばれている。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16571882.jpg

寒川神社
宮山にある神社。現在の祭神は寒川比古命(さむかわひこのみこと)・寒川比女命(さむかわひめのみこと)。古代における神階は『続日本後紀(しょくにほんこうき)』によれば承和13年(846)には従五位下であるが、その後神階が上昇し、『扶桑略記(ふそうりゃっき)』の延喜16年(916)には正四位上とある。延長5年(927)に完成した『延喜式(えんぎしき)』の「神名帳」によると名神大社(みょうじんたいしゃ)に列せられている。また『吾妻鏡(あずまかがみ)』の寿永元年(1182)の条には相模一山(宮)とみえているのでこのころはすでに一宮と呼ばれていたようである。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16575055.jpg

中里公園
d0240916_15511214.jpg

中洲稲荷
宮山の中里にある稲荷。江戸期には稲荷森、川(河)原稲荷等とも称された。また、その位置も現在地とは異なり、相模川と古川と称された川の間の中洲にあった。この場所は、正徳5年(1715)、地頭の杉浦氏より宮山村の惣百姓へ対して払い下げられた新開地であったが、享保5年(1720)の「宮山村明細帳」によれば、「御林之内20歩」とあり、その規模を知ることができる。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)

旧目久尻川ふるさと緑道
宮山にある目久尻川の旧河道の水路を整備した緑道。延長は約870m。「川と文化のまちづくり計画」にもとづいて平成3年(1991)に着工され、同11年4月に全面オープンとなった。散策路をはじめ、水路を利用したせせらぎ、広場などが設けられている。付近には町の鳥ダイサギをはじめ、サギ類のコロニーとして貴重な森がある。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16583535.jpg

倉見緑道
d0240916_15143082.jpg
d0240916_15114416.jpg

水神宮
倉見駅の北方、桜町にあるお宮。社殿前の記念碑によれば、昭和4年(1929)4月に新築とある。発起人、世話人は相模砂利株式会社の関係者と思われる。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_16131610.jpg

倉見駅(ゴール)
茅ヶ崎駅より8.6km、寒川駅からは3.5kmの距離にある。茅ヶ崎-寒川間で運行していた相模鉄道が、大正15年(1926)4月1日、ここまで延伸して開業した。関東大震災後ということもあり、駅舎は耐震性を考慮して鉄筋コンクリートで建てられ、開業当時の建物が現在も使われている。相模鉄道は昭和3年(1928)から門沢橋(かどさわばし)で、翌年からは倉見でそれぞれ砂利採取を開始。これらの砂利は倉見駅でトロッコから貨車に積み替えて出荷していた。昭和19年運輸通信省、23年に日本国有鉄道を経て、62年よりJR東日本の所管。相模線は倉見駅南側で東海道新幹線と交差している。(『さむかわ大事典(『寒川町史』13 別編 事典・年表CD-ROM版)』より引用)
d0240916_1510253.jpg

詳しくは→「駅からハイキング」
https://www.jreast.co.jp/ekihai/evdetail.aspx?EvCd=0216001
をご覧ください。


by jyohokiti | 2017-02-27 18:14 | 寒川紀行

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る