人気ブログランキング | 話題のタグを見る

寒川町 観光資料 ダウンロード

寒川町内をウォーキングする(歩く)時、
「へ~~ここに こんなものが あるんだ!」
といった発見があると、
足も軽くなります。
そんな時、役に立つと思われる地図などの資料をダウンロードできます。

寒川神社のお帰りに
寒川神社のお帰りに、 少し足を伸ばて寒川駅まで 、奥湘南を散歩してみませんか !
寒川駅までの道筋 には 、食事処 をはじめ、 花鉢・新鮮野菜や寒川らしいおみやげをお買求め頂ける店 があります。
一休みなら、中央公園や水道記念館前の広場 (せらぎが流れる日本庭園 )がお勧めです。春、 桜の季節は特にお薦めです。
[資料ダウンロード]

寒川町 桜を巡る ちょこっとウォーキング
寒川駅近くの桜の名所を巡るコースです。
[コース]
寒川駅→安楽寺→大(応)神塚→さむかわ中央公園→寒川神社参道→目久尻川(菜の花)→水道記念館→一之宮公園→寒川駅
[資料ダウンロード]

相模国準四国八十八カ所巡りの内、寒川町
鵠沼村の浅場太郎右衛門親子が発起して、文政3年(1820)から4年にかけて、四国八十八ヶ所を倣い、鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・寒川・横浜へ弘法大師石像を設置し、巡礼地としたものです。寒川には 10 カ所の札所がありました。現在残っている 9 カ所を、江戸時代の順路に従って歩くコースです。
[資料ダウンロード]

大森(菊池)泰次の遺跡を歩く
大森(菊地)泰次は、明応4年(1495)、北条早雲に奪われるまで小田原城主だった大森氏の末裔です。
北条方に知られるのを避けるため、母方の姓である菊地姓を名乗った、という説があります。
大森(菊地)泰次は、文禄5年(慶長元年 1596年)、67歳の時、生往寺を開創しました。
また、翌、慶長2年(1597年)、家来の秋元金平に車地蔵を建立させています。
一之宮と田端に大森(菊地)泰次ゆかりの、車地蔵、生往寺、墓が残っています。
[資料ダウンロード]

寒川町の古道
寒川町には下記の古道が通っていた、という説があります。
奈良時代 東海道
江戸初期 中原街道
江戸時代 大山道(田村通り)
江戸末期 八王子道(さかな道)
[資料ダウンロード]



by jyohokiti | 2016-02-03 18:40 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る