人気ブログランキング |

寒川町の古いもの

板碑

1.板碑(いたひ、いたび)とは
板碑は石造供養塔婆の一種です。
石造供養塔婆には、五輪塔、宝篋印塔、笠塔婆、板碑などがあります。
板碑は最も簡略な形態の石造供養塔婆です。
日本で最古の板碑は嘉禄三年(1227)のものです。
武蔵型板碑は鎌倉時代から南北朝時代にかけてピークがありました。

2.寒川町の板碑
寒川町内に板碑は22基(完全なもの6基、残欠16基)確認されています。
写真は寒川町大蔵の板碑です。
d0240916_15365416.jpg
残っているのは、板碑の一部(中間部の左側部分)で、郭線、花瓶と銘文があり、「貞和二年」(1346年 南北朝時代)の文字が読み取れます。武蔵型板碑です。
(1338年 足利尊氏 征夷大将軍に)

3.武蔵型板碑の形態
頭部を三角形に、その下に二条の切り込みを入れて、その二条線以下の成形された表面の上半部に梵字や漢字、あるいは画像により本尊をあらわし、下半部には造立の趣旨や年月日を主体とした銘文、または真言や偈(げ)を刻みます。

[出典]
寒川町史 1992年 寒川町編集
石仏研究ハンドブック 昭和60年6月 庚申懇話会 編 雄山閣出版 発行
日本石仏事典 昭和61年6月 庚申懇話会 編 雄山閣出版 発行
板碑 昭和57年3月 埼玉県立博物館 編集発行



by jyohokiti | 2016-01-09 15:38 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る