人気ブログランキング |

縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町

寒川町内で、遺跡が発掘されても、埋め戻されてしまうため、多くの場合、現地へ行っても、どこに遺跡があったのか、見つけるのは容易ではありません。
所によって、説明板を設置した遺跡があります。
ここでは、その説明板を設置してある遺跡を取り上げます。
出土品の実物は、「文化財学習センター」で見ることができます。
写真は「電子資料館」で見ることができます。

・倉見才戸遺跡
縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_1110560.jpg縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_11102667.jpg
説明板は社宅の脇にあります。
弥生時代中期の大型住居や環濠、弥生時代後期の竪穴住居や環濠などが確認されました。特に、弥生時代中期の大型住居は相模川沿岸ではめずらしく、出土した土器や石器からは東海地方の影響がみられるものもありました。

・大蔵東原遺跡
縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_21205779.jpg縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_21212032.jpg
説明板は養護老人ホーム湘風園の入口にあります。
1万数千年以上前の旧石器時代の礫群(れきぐん)が4基確認され、寒川最古の遺跡ということがわかりました。
他にも縄文時代前期の竪穴住居址や、弥生時代後期の竪穴住居址や環濠、さらに方形周溝墓なども確認されました。

・宮山遺跡
縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_11195558.jpg縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_1120286.jpg
説明板はオリーブの丘公園入口、根岸集会所側にあります。
弥生時代後期(Ⅴ期)の環濠集落及び方形周溝墓群が発見されています。

・岡田遺跡
縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_12332869.jpg縄文時代の遺跡 弥生時代の遺跡と遺跡の文化財説明板 寒川町_d0240916_12335488.jpg
説明板は越公園入口の左手にあります。
縄文時代中期(今から4,000~5,000年前)を中心とした巨大集落が確認されました。その大きさは、日本でも最大級の縄文時代の集落といっても過言ではありません。500軒以上の竪穴住居址が確認され、全体では1,000~1,500軒にのぼると推定されます。
また、弥生時代後期の方形周溝墓ほうけいしゅうこうぼや竪穴住居址も確認され、弥生時代にも集落や墓域が形成されていたものと考えられます。
特に4号方形周溝墓から、尾張、三河地方で見られる「パレススタイル土器」をかなり忠実に模倣した土器が出土しています。


[関連サイト]
文化財説明板マップ 寒川町
さむかわウォーキングコース/倉見
寒川の弥生時代
縄文時代の寒川 岡田遺跡
さむかわ ちょこっと ウォーキング 縄文時代を歩く


by jyohokiti | 2014-05-10 13:39 | 観光案内

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る