人気ブログランキング |

寒川町所縁の鰐口

寒川町所縁の鰐口は3つあります。
年代順に並べると次のようになります。
d0240916_1836762.jpg

[真福寺の鰐口]
先頭の、真福寺の鰐口は、埼玉県立嵐山史跡の博物館の刊行物、『改訂 歩いて廻る「比企の中世・再発見」』 2014年、「コース6 もうひとつの鎌倉街道」によると
d0240916_17541762.jpg
天正18年(1590)豊臣秀吉による後北条氏攻めの時、鉢形城を攻め落とした兵が真福寺の鰐口を奪い陣鐘とし、小田原城近くで捨てたものだったようです。江戸時代に入り、村人がこれを掘り出し、近くの寺の宝としていましたが、偶然にも福田村の名主と、鰐口を掘り出した村の名主が江戸で出会い、鰐口が返還されたということが、神奈川県寒川町に残る古文書で確認されています
となっています。

ここで取り上げている寒川町に残る古文書の一つ、「真福寺鰐口掘出しにつき覚」には次のように書かれています。
天保八年酉(1837)三月十八日ニほり出し
右之鰐口ほり出し候場所ハ、観護寺之内第六天之脇ニ五尺程の松之木有之、其根ヲほり五尺(約1.5m)程土ノ下ニ右鰐口有之候也、同九年戌年二月六日ニ至り武州比企郡福田村真福寺旦家之者共弐入り参り候ニ付、右鰐口相返し申候ニ付、其為取替観護寺江錘鉢一組寄進いたし候、石代金与し而金三分差置申候、以上

諸説あり、食い違うところもあります。
いずれにせよ、寒川町へ伝わった経緯が不明です。
何の根拠もありませんが、武田軍が寒川町へ持ってきたなら、分かりやすいのですが...
1495(明応4)年
福田郷の四郎太郎が真福寺へ寄進。直径約21㎝、厚さ約5.4㎝、重さ約2.5kg

1569(永禄12)年9月
武田信玄が北条氏邦の鉢形城を攻めた。

1569(永禄12)年9月29日~10月2日(10月1日~5日という説もあり)
小田原城攻め。

1569(永禄12)年10月5日(?)
武田信玄が寒川神社へ六十二間筋兜鉢を奉納。

1569(永禄12)年10月8日(6日という説もあり)
三増峠の戦い(武田信玄と北条氏により行われた合戦)。

1590(天正18)年
豊臣秀吉による後北条氏攻めの時、鉢形城を攻め落とした兵が真福寺の鰐口を奪い陣鐘とし、小田原城近くの「心福寺」へ捨てた。(成安寺所蔵の鰐口由緒書)

1829(文政12)年
偶然にも福田村の名主と、鰐口を掘り出した村の名主が江戸で出会い、鰐口の話を聞き、現地へ取りに行った。(滑川村史)

1837(天保8)年3月18日
真福寺の鰐口が寒川・岡田村で発見された。(岡田村 覚)

1838(天保9)年2月
真福寺の鰐口を福田村へ返却。(岡田村 覚)

[観音堂の鰐口]
d0240916_17431631.jpg←2番目の観音堂の鰐口。

[出典]
寒川文書館だより 第16号 2014.9.30
d0240916_15292453.jpg寒川町史 10 別編 寺院
寒川町史 11 別編 美術工芸

[参照サイト]
観護寺、吉祥院

埼玉県立嵐山史跡の博物館>刊行物>ガイドブック>2 ガイドブック(ウォーキングガイド)>(1)『改訂 歩いて廻る「比企の中世・再発見」』 2014年>コース6 もうひとつの鎌倉街道(2日コース)【滑川町】
http://www.ranzan-shiseki.spec.ed.jp/?page_id=67

鉢形城 北条氏邦が改修(埼玉県大里郡寄居町、国指定史跡)
http://senjp.com/hachikata/



# by jyohokiti | 2019-03-01 16:59 | その他

寒川町のあれこれをご紹介しています。


by jyohokiti
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る